長野、松本、飯田を中心とした長野県全域の相続、遺言、遺産分割、相続税申告など相続に関する無料相談実施中!

松本・長野 相続手続支援センター信州

  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

無料相談予約受付専用ダイヤル 長野駅前 0120-49-1322 松本駅前 0120-97-3713 飯田店 0120-13-6415

基礎控除

   
遺産に係る基礎控除額

亡くなられた人から相続または遺贈により財産を取得した人それぞれの
課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額(3,000万円と600万円に
法定相続人の数を乗じて算出した金額との合計額)を超える場合その
財産を取得した人は、相続税の申告をする必要があります。

例)夫(Aさん)が亡くなり、相続人が妻と子2人、合計3人の場合
   3,000万+600万×3人=4,800万
亡くなられた方がお持ちの財産額が4,800万を超えると超えた分につき
相続税がかかります。


相続税の税率構造

相続税の税率構造.jpg


*各法定相続人の取得金額とは
課税総資産額(課税価格の合計から遺産に係る基礎控除額を控除した金額)を法定相続人の数に算入された相続人が法定相続分に応じて取得した場合の各人の取得金額を言います。


亡くなった方(A)の正味財産が9000万円で相続人が妻と子1人、合計2人の場合

取得金額.jpg